自宅のプライバシー

女の人

入居前の盗聴器を確認

新居に移る際に、盗聴器調査を行える業者に盗聴器調査を依頼する人が増えています。盗聴器は、コンセント部分やテーブルタップに仕掛けられているケースが多く、そこに存在していても住んでいる人は気づかないケースがほとんどです。盗聴器は物によっても性能が違いますが、建物の周辺で室内の音が傍聴できるので、盗聴器があれば不特定多数の人に会話を聞かれる可能性があります。盗聴器が見つかっても誰が仕掛けた物か特定される事は稀ですが、知識がある人なら簡単に設置できてしまいます。その為、入居前から盗聴器が設置されていて部屋のプライバシーが守られていない状態になっている事も珍しくありません。部屋のプライバシーを守る為に盗聴器調査の需要が高くなっているのです。

入居する時に注意する事

部屋に盗聴器が設置される時に多い場所にはコンセント部分とテーブルタップが挙げられます。テーブルタップから見つかる時に多いのは、部屋に入居した時から置いてあった物を使っていて、そのテーブルタップから発見される事です。意図して盗聴器が設置されたテーブルタップを前の住人などが置いていく可能性もあるので、入居時に何故か置いてあるテーブルタップは使用するべきではありません。入居後に仕掛けられるケースもあり、工事に訪れた業者などが設置していたという例も珍しくありません。その為業者を利用して故障した設備等の修理を行ってもらう際は信用できる業者を選ぶと良いです。また時計など直接コンセントに繋がっていない物に設置されている可能性もあるので、不安を感じたら盗聴器調査を行ってもらうべきです。

Copyright© 2017 ワイヤレス防犯カメラなど充実した防犯グッズ│最新セキュリティ情報 All Rights Reserved.