人気のあるタイプ

監視カメラ

多くの人は、防犯カメラと監視カメラの違いを問われたとしても、正確に違いを答えることはできないでしょう。防犯カメラとは、犯罪行為を防ぐために設置されるカメラです。監視カメラは防犯目的だけでなく、文字通り周囲の状況を逐一監視するために設置されるものです。駅前や商店街などに設置されている監視カメラは、防犯目的だけではなく、道を歩いている通行人の様子をチェックするために設置されています。犯罪行為などが発生した場合、警察に証拠として映像を届けられるように、監視カメラは街中に取り付けられています。一方防犯カメラは、犯罪行為を防ぐために取り付けるカメラであるため、監視カメラのように犯罪が起きた状況を撮影することだけが目的とはなりません。わざと目立つ位置にカメラを設置することで、犯罪行為をしようと考える人へ対してプレッシャーを与えることができます。犯罪行為をすることを抑止できるため、犯罪行為による損害を防ぐ目的で防犯カメラは設置できます。

防犯カメラの中でも人気のタイプといえば、ドーム型のカメラです。小型で半円型の綺麗なデザインであるため、室内に取り付けたとしても、部屋のインテリアに影響を与えることはありません。また、ドーム型のカメラは通常のカメラとは違い、撮影箇所を自由に動かすことができるのも利点です。従来の固定カメラは、設置した場所の映像のみしか撮影できないので、カメラの死角を利用されることが多々ありました。ドーム型のカメラは内部モーターを動かすことで撮影箇所を自由に動かすことができます。定期的に撮影箇所を動かすように設定すれば、死角に潜りこまれてしまうことを防ぐことができるでしょう。

Copyright© 2017 ワイヤレス防犯カメラなど充実した防犯グッズ│最新セキュリティ情報 All Rights Reserved.