防犯用音のする砂利敷き

砂利

最近は一般家庭でも防犯に関しては手軽にできる防犯砂利を敷くという方法が取られるようになって来ています。これは家の回りにその上を歩くと擦れる音のするもので、玉砂利やリサイクル後のガラス片などがよく使われています。

詳しく見る

防犯の基本

ドア

ドアの修理は業者に任せると様々な対応が可能でありプロ故に豊富な知識で多くの作業も可能で、これによって理想的な形でドアを整える事も出来ます。こういった業者は選ぶ事を重視して見積もりを取ったり対応等を見ておくようにし、その辺がよければ価格的な面では現れない部分も良いと判断できます。

詳しく見る

ドアノブを変える

ドア

ドアノブ交換をするにあたっては、専門業者である鍵屋に依頼をすることによって可能となります。どのような種類にするかによって価格は変わってきますので、見積もりをするときにしっかりと把握をしておくとよいでしょう。

詳しく見る

人気のあるタイプ

監視カメラ

防犯カメラを設置することで、犯罪行為を行おうとする人に対してプレッシャーを与え、犯罪行為を抑止させることができます。市場にはさまざまなタイプの防犯カメラが販売されており、特に小型でどこにでも設置できるワイヤレス防犯カメラなら、屋外だけでなく屋内にも設置ができます。

詳しく見る

気づきづらい小型カメラ

防犯カメラ

ワイヤレスの防犯カメラの中には、非常に小型であるカメラもあります。カメラの存在を気取られることはないので、建物内や外での犯罪行為を撮影することができます。自由に設置することができるので、建物内部に仕掛けた場合も、頻繁に建物を利用している人でも気づくことはありません。

詳しく見る

人に反応するカメラ

監視カメラ

監視カメラは常に稼働し続けるものであるため、消費電力が大きいように思えます。しかし、最近では動体センサーが反応した時のみ稼働する監視カメラが主流なので、電気代の負担も少ないのです。人に反応する特殊な動体センサーもあるので、余分な電力消費を抑えられます。

詳しく見る

安い費用で取り付けられる

ウーマン

監視カメラや防犯カメラを設置する場合、問題となるのが設置費用です。従来のカメラなら配線工事によって高額な施工費を請求されますが、ネットワークカメラなら安く済ませられます。コードレスで設置と撮影ができるので、安い費用で設置ができます。

詳しく見る

大事な情報を守る方法

男性

今は個人情報や企業の情報が金になる時代です。それらの情報を盗むための方法が盗聴器です。プライバシーや企業情報を保護するためには探偵社に盗聴器調査を依頼するのが一番です。最も盗聴器を仕掛けやすいのが引っ越しやオフィス移転の時です。引っ越し業者の中にはオプションで盗聴器調査を行っている業者があります。

詳しく見る

自宅のプライバシー

女の人

盗聴器が部屋にあった場合は室内での会話が傍聴されてしまいます。部屋のプライバシーを守る為に入居時に盗聴器調査を行って確認すると良いです。入居時何故か置いてあるテーブルタップなどがある場合は使用しない方が良いです。

詳しく見る

盗聴の不安を解消する

メンズ

一般家庭の室内に盗聴器が仕掛けられるケースが多発しています。盗聴器の小型化・高性能化・廉価化が進んだせいなのですが、家の中で喋ったことが外部に漏れていると感じている人は、盗聴器発見の専門業者を呼んで、一度調べてもらうようにした方がよいです。

詳しく見る

居場所特定とその機器

GPS

gpsは近年では身近なものの様々なところで使用されるようになっており、その使用用途も数多くある。これらについて、gps発信機を子供やお年寄りに持たせることで、万一の場合に探し出す際に活用できるという利用方法がある。

詳しく見る

犯罪防止に効果的なグッズ

防犯カメラ

設置の時の注意点

安全と水はただで手に入るといわれきた日本ですが、最近は信じられないような犯罪が多発しています。これからは自分の身は自分で守らないと、安心して過ごせない世の中になったのです。そのために必要なのは防犯対策をすることです。最も効果があるのは防犯カメラです。防犯カメラの効果をより上げるには、設置の仕方に注意が必要です。それは防犯カメラが設置してあることがわかるようにすることです。防犯カメラがあるのを知れば、犯罪者はリスクを避けるため近寄ろうとはしないはずです。また設置のマナーとしても、他人の私有地まで映り込まないように配慮することが大事です。犯罪防止のためには必要なのですが、第三者のプライバシーを侵害するような設置の仕方は慎むべきです。

無線で楽な設置のカメラ

防犯カメラには色々な種類があるので、設置場所によって選ぶことが大切です。特に人気が高いのがワイヤレス方式のカメラです。これまでのカメラは有線だったので設置場所が限られていたのですが、ワイヤレスなら電源さえ取れればどこにでも設置できます。画像保存もワイヤレスなら無線で送れるので、その点でも安心できます。有線に比べて不安定な面もありますが、デジタル電送ならより綺麗な画像なのでかなり使えます。防犯カメラの設置で困るのは、あとから死角になる場所があった場合です。再度工事をするのが大変な場合など、ワイヤレスなら簡単に設置できます。倉庫や工場など広い範囲をカバーする時は、ワイヤレスも含めて考えた方が効率的です。

Copyright© 2017 ワイヤレス防犯カメラなど充実した防犯グッズ│最新セキュリティ情報 All Rights Reserved.